前へ
次へ

おからを使った健康食

大豆製品によるタンパク質摂取が注目を浴びて久しいですが、おからの存在感は依然として小さいままです。
家庭料理として食卓にのぼるおから料理といえば卯の花くらいでしょうか。
豆乳の残りカスというイメージもあるおからですが、健康成分をたくさん含んでいるのにリーズナブルという魅力があります。
レシチンは不飽和脂肪酸の一つで、動脈硬化を防ぐ効果があります。
動脈硬化が引き起こされるのは、揚げ物やお菓子などによって摂りすぎたコレステロールが血管に溜まるからですが、レシチンはコレステロールを溶かす働きがあるから血管が固くなるのを防げるのです。
レシチン以外にも苦味のもとである大豆サポニンも血管の脂肪に効果を発揮し、血管由来の病気予防に役立ちます。
食べづらい健康食というイメージのあるおからですが、小麦粉の代わりに使用して焼き上げられたクッキーが市販されています。
カロリーが低いにもかかわらず、健康成分が摂取できお腹も膨れるからチャレンジする価値があります。
インターネット上に載っているレシピでこの健康食を自作してみるのも面白いのではないでしょうか。

Page Top